忍者ブログ
2017.091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

わたし、アラフォー。 何を思ったか、突然離婚してみた。 嬉し恥ずかし、人生初の一人暮らし。

とりあえず出会った人が、うげ!であっても試食をしてしまう
糞ビッチな私だけれど、リピする相手は厳選してる。

最初に「基本1回しか会わないから1回で最高のパフォーマンスを見せてみよ」と
ハードルを上げておいて、そこをクリア出来た
鈍感な、もしくは強靭な精神の持ち主であること。
強いだけでなく上手いこと。
痛くないこと。その加減を学んでるひと。
一番大事なのは、ルールとマナーとしてゴムをきちんと使うひと。

最近、こんなの読んだ。
頭の悪い彼

注)ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因と言われてるけど
50歳までにかなりの確率で感染するらしいです 参照 
ビッチなのに未感染だったのは本当にラッキーだったわ。

私のようなビッチ相手に丸腰で挑もうなんざ、
危機管理がなってないとしか言い様が無いと思うのだけれど
実に多くのキノコが生でしたがりました。

何の許可も得ず無断侵入してきた奴、
着けると萎えちゃう奴 (←コレ多いです)
自分で着けられないと言った40半ばのガキ、
しぶしぶ着けたものの最中に何度も「邪魔だなー外したいなー」と煩い奴、

こやつらはどんなにイケメンでも、どんなに素敵でも
どんなにテクニシャンでも、リピしないと(現在は)決めている。

優男に弱い私は、物腰が優しいと騙されてしまう。
けれど、普段の接し方、セックスの接し方が如何にソフトで優しかろうと
紳士な態度であろうと、避妊をしない男は間違いなくクズです。
最終的に女を傷つける男だと、それは身を以って学んだ。

昔から読んでくれてる方は覚えてるかな。
そう私が狂ったYも、初日に「生でもいい?」と聞いてきた奴だった。
その時は即答で断ったけれど、当時まで真面目に生きてきて
不純異性交遊をした事のない私は、そんな相手に人生賭けちゃった訳で
無知過ぎて、アホ過ぎて、自己嫌悪で泣けるわよ。

そういう自覚のない悪魔はね、
最初は骨抜きになれるけれど、最終的にとことん女を傷付ける。
私以外にも過去に何人も泣かされた女も居たものね。
最後には女の敵となりうる人間なのだと肝に銘じたんだ。


最近リピしていたという2人は、そこはきちんとしてた。
当然だと思うけれど、そういう対応をした人の方が遥かに少ないのが現実よ。

人里キノコは装着の上で外出しだった。
「慎重なんだね」と言ったら「俺は責任持てないからね」と
実に正直で誠実な?返事が来た。
根っからの正しい遊び人だ。

独キノコも「自分がしたい回数の倍を用意してきた」と
でもどうせならイイ方が良いからと、かなり割高の0,01ミリを持参。
私が「自衛の為に持ち歩いてる。普通に持ってる?と聞かれるよ」と言うと
「それは無いねー。そこは男の義務じゃないの?」と言っていた。

友達にも「彼がさ~」と相談されたこと、何度もある。
今なら言える。
避妊しない男とは別れるべし、と。
 

PR
最近知り合ったのはバツイチの地味メン。
転勤族で転校を繰り返していたそうで
「早く友達作らなきゃ」と行動してたらしく、とても話し易い人だった。
コミュニケーション能力高め。
けどルックスのせいなのか「無理」とフラれる事が多い様子。

聞けば、離婚してまだ数か月のようで
持ち家にそのまま一人で暮らしている分、その寂しさは甚大の雰囲気。
おそらく誰でも縋りたい時期なのだろう。

離婚後に交際してみたバツイチ子持ちには
「再婚願望ない」と言われて「先が無いのなら」と別れたそうだ。
「誰かとまた一緒に暮らしたい」と言っていたので
早々に「私も再婚願望ないから」と釘を刺しておいたのだが
やたら「デートがしたい」「電話しよう」「旅行いこう」と言うから
「私はセフレがいいので彼女探しは続けて下さい」と伝えた。
最初から数人キノコが居る事は告げてある。

見た目からは想像のつかない肉食ぶりで凄かったから
そろそろ潮時だと感じていた人里キノコを手放すことに。
こちらも生真面目な雰囲気とは真逆の絶倫でブツが良く
1回だけのはずがダラダラと半年経過してしまっており
リスクを考えると、もういい加減に終わりにしないと泥沼化するとの判断。
前から「イイ人見付けたら離れるよ」と伝えてあったから
「そっか、良かったね」だけで済んだ。
名前も連絡先も教えないままの半年だった。

リスクのない独キノコはやはり気楽だ。
時間の制約もなく、のうのうと「このまま泊まってく?」と言える立場。
けれど、この人から立ち込める寂しさを考えると
余り優しくしない方が得策であろう。

「引き取ってる訳じゃないのに子供が居るとダメという人が多いんだ」と
ボヤいていたが、そりゃ子供の居ない女からすれば
養育費払ってる男は借金持ちと変わらない。

家ついてっていいですか?観ててもバツイチの人は多いけど
子供と離れた父親ってのは、本当に独特の孤独さがあり
皆、子供の話して泣くんだよね。
元妻の話は無く、子供、こども、会えない、俺のせいって。
そういう感覚、子無しには分からないもの。
自分より大事なものなんてないもの。

前は近場の人がイイと思ってたけど、今回も1時間以上移動を必要とする距離。
悪事を働くには、この位の距離があっていいんだと分かった。
毎週会おうと言われたら休みがなくなってしまう。
部屋に来たがるのも嫌だしな。

とりあえず独キノコ確保出来たから、一時新規の狩りは中止する。
さすがにずっと三股はキツいでの。
 

そのうち書くけど、マニアな博物館に行ったら
懐かしのiMacが並んでました。



20年くらいここにいるのかしら?
当時オサレ!に感じたモニターも、
ちっこくて分厚くて邪魔くさいなと感じちゃう。

そう、家族旅行よりキノコとデートしてたい。
何故なら家族と過ごすとき私はもてなす側(疲れ役)で
デートなら、もてなして貰う(楽ちん)側だから。

今、三股中なので本当に忙しい。
忙しいけど毎週違う男と会うのは愉快だ。
家族旅行は愉快じゃない。
行けば楽しむけど、それまでゲンナリ。
生理のときだけ純粋な休日って、フードルみたいだな、と。

そういえば心配してた子宮がん検診は問題無。
ヒトなんとかウィルスも感染してなかった。
 

最近読んでスカっとした鮮やかな復讐★

「友情に理解のない嫁」(他所のブログへ飛びます)

「ハムラビ法典の女」としては、とても気持ちが分かるというか
私もヤるね、確実に。
彼女と違う所はフェイクじゃなく、実行してしまう所。

元鞘に収まったのは、男が限りなく黒に近いがグレーだったのと
女がフェイクだったからで
これがどっちも黒の場合、男は女を許せません。
コレ経験談だけど、何度思い返しても「クソが!」と思いますw

他人事ならスカっとするけれど
同じ痛みをメテオで一度に返して (←読み返したら半分は山路氏宛に書いてるわ)
倒れる男を目の当たりにしても、本人はスッキリするどころか
絶望感に打ちひしがれるのよね。

こんなこと、女がする前に、どうにかしろよって話。
 
前回の事はここ数日ぼやーと考えていたことだったのだけど、
したっけ、タイムリーな出来事が8月のキノコ狩りで起きました。

最近お気に入りにしてた人とは夏の間は会えないもんで
(趣味の釣りを言い訳に家を空けるのに日焼けしないの変だろと。
 本当にこの辺り男の人はツメが甘いよなー)
その間の繋ぎで遊ぼうかなと、疲労度満載と書きつつも狩り。

軽~いノリの40代後半を引っ掛けて会ってみたらば
K田さん以来の大物を釣っちった。

なんていうの貫禄ムンムンの、亡きリューコ氏(タツトラ元力士ね)に似てる
どう見たって50半ば~後半ですよね?というシャチョーさんオーラ纏った人だった。

私が行ってみたかった店や、高いホテルも連れて行ってくれて
せっかくこっちまで来たからと、地元民は余り買わない名産品を買い
私にも買ってくれたりした。
「自分の食事代は出しますよ」と事前に伝えてあったけど
こりゃ人前でお金出しちゃマズい人だと、
清算後にお金を出そうとしたら怒られて(笑)

目上の人には甘えようと1円も出さずに帰宅。
事前にコンビニで万券崩して行ったのに。
上手く甘える術を学べば、もっとイイ女になるとか言われたわー。

悪い人ではなく、寧ろイイ人だった。
私の働き方を心配してて、
投資のアドバイス(NISAやれとか不動産投資がいい)やら
身にならない肉体労働に人生を浪費せず
せっかくの脳みそを生かした仕事にしなさいとか
親みたいな助言をしつつも
愛人にならないか?って。

説得力を自ら全て壊して下さいました(笑)
今の時代にもそんな話あるのかって驚いたわん。

あなたみたいな人には、そういう生き方が似合わないとか
美人だから男に消費されるのは勿体ないとか
沢山褒めて下さったけれど

あなた、10年来の愛人に逃げられて寂しいだけよね?

まぁね、昔は本当にモテたんだろうなという感じだったし
あっちも悪くはなかったんだけど
(あなたのコレじゃあ男は持たないだろ?と言われたw)
愛人の条件が専属化だったもんで、即決でご辞退。


(またしてもジョジョbotより拝借)


バイトせずに今と同じ生活を送れるにしても
その代償が束縛なのであれば、
人生を無駄にしていようと、先の無い肉体労働であろうと
私はやはり自由を選ぶね。
バイトが愛人契約じゃ、親に顔向けできねーしな。

それにさ、愛人契約も人生の無駄で先の無さでは同じだよ。
そこまでお気に召してくれたのは嬉しいけど
私はね、男の人に「お前」と呼ばれるのは大嫌いなの。
 
1 2 3 4 5 6  →Next
プロフィール
HN:
ヘボニータ
性別:
女性
自己紹介:
地方でひっそりと生息中。
現在41歳。派遣社員。
人知れずバツイチ。
インドア派で友達少なし。

現在はバイトしてるので
ビンボーではありませんが
恋愛に絶望しており
ぼっち度は増幅中。

鍵付き記事を読みたい奇特な方は、コメント欄本文にアドレス記載頂ければ、公開せず直にメールでお伝えします
捨てアド・フリメで構いません
コメントは承認制なのでご安心下さいませ

コメントのメアド欄にアドレス入力するとリンクで公開されてしまうのでご注意下さいまし
アドレスがあった場合にはコピペでの自投コメント公開にしています


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
23
24 25 26 27 28 29 30
忍者カウンター
ブログ内検索
バーコード