忍者ブログ
2017.051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

わたし、アラフォー。 何を思ったか、突然離婚してみた。 嬉し恥ずかし、人生初の一人暮らし。

本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。
PR
未婚独身の40代後半の人と逢ってみたんだが
どうにもこうにもガッカリであった。
貴重な休みにこんな事をしてるから多忙になった訳で
だからの「振り向けば志村」だった訳です。
 
婚活ブログを面白いな~と読むのだけれど
書き手の年齢が上がるほどに相手を厳しい眼差しで見ていて
相手の人には悪い意味で個性的な人が多い。
それを辛辣に描写している女も理屈っぽくて面倒臭そうだなと感じる。
皆さんには私の事も同じように見えている事だろう。

んで、私が逢った相手も非モテ感満載の人だった。
正直、キモイと思った。
見た目じゃなく、中身がね。

逢う前から期待はしておらず(全く話が盛り上がらない)
相手がとにかく1回逢ってみようとしつこいから
独身だし、もしかしたら逢えば印象変わるのかもと応じた。
遠くまで出向いてガッカリだと疲れ感半端なくなるから
私の居住区の近くまで来て貰った。
3時間近く掛かったそうだ。
遠い距離をわざわざ来るのは無駄だと思うんだが
運転好きだからと譲らなかった。

文字の段階で印象良くない人が、実物で良くなることはない。
一層悪くなっただけだ。これは今後も教訓にしよう。

まずエスコートという言葉が存在していない。
これを男に求めてる時点で私が甘いのだろうか。

残業があまり無く、夜は時間がありそうな相手に
忙しく時間がないので行く店や待ち合わせ場所を決めて欲しいと
お願いしてたあったのに、前日になっても考えておらず、私が即決。
国道沿いに色々あるだろ、と思うけど。
んで、店の名前を教えてあったのに合流して最初の言葉は
「どうやって行くの?案内して」
えーと、スマホで調べる位出来ますよね?
その時間、ありましたよね?

終始こんな有様で、主導権を何も握らず「あれして、これして」ばかり。
口癖は「めんどくさい」とか「疲れた」とかネガティブな言葉なんだろうな。
「えー、わかんない」も何回か言ってたな。
図体のデカい、年食った子供がそこに居た。

で、筋トレがライフワークで身体が自慢と聞いていたから
バキバキのマッチョを期待していたのだが
確かに鍛えてはいるんだろうけれど、これは女の勘違いなのかな
筋肉バカには2種類居て、
細マッチョの割れを目指す派と ゴツさを求める派が居るのだろう。
ラガーマンというかプロレスラーというか、
筋肉の上に脂肪もしっかりあるような、
そう、ロバートの秋山みたいな体型だった。

背中と骨盤の間の肉が取れず
筋トレすると肩甲骨より上ばかりが割れてしまう悩みを相談してみたが
「そのままでいいじゃん」で答えはなく。

そんな相手でも味見をするのがエロおばさんといふもの。
だって私は婚活してるんじゃないもの。
有能で便利なセフレを探しているのだから。



買っておいて良かった。
コレが美味しかったから気が紛れた、というようなお粗末ぶり。
当然リピはナシ。縋られても2度と会いたくない。

独キノコの方が美味しくないのはなんでだろう。
リスク高いから独キノコがいいんだけどなー。
  

イテテテテ!と聞こえて振り返ると
志村さんがめっちゃ鳥に噛まれてた。
助ける訳でもなくお腹抱えて笑ってスマホ向けました。



本当に志村さんと居ると楽しい。
あちこち連れて行ってくれて
食事の好みも合い、いつも笑ってる人だから。

志村さんは見た目はアレな格好だけど
ノンビリしてて、全く怒らない。
この鳥にも怒ることなく振り払いもせず
私が鳥を手に誘導するまで噛まれてた。

苦手だった体臭も感じなくなり
変な靴下買っても、髪がなくとも
う、の瞬間は減ってきた。

でも、でもでもでも!
志村、うしろうしろ!じゃなくて
よーく鏡見て。
鼻毛すんげー出てるから。
両方の穴からこんにちはーってしてるから。

すごく楽しいのに、すごく良くしてくれるのに
ドキドキすることがまるでない。
 
最近撃ち抜かれたA子さんの逸話。

「あの男はダメ」

自分の好みが分かってきて(40にして遅すぎ・・・)
A子の言うところの「シモユルのくせに自分を優しいと思い込んでるダメ男」
これがズバリで (以前書いた「自覚の無い悪魔」という表現とほぼ同義)
それ自体が間違いなんだと反省?して
傷付くのは自分なんだから、そういう輩は遠ざけようと思ってきたんだが

「そういうの大好物」と認めてしまえば
その対処法や自衛策も考えられるのではないか。

その上でA子みたいに、
そやつを手玉に取れる位のそんな女に成りてぇなと思う、今日この頃。

 

もう傷付きたくないわと
ダメじゃない人と親しくしていたけれど
ダメじゃない、真っ直ぐ育った善人だと
ダメな私はそそられない。

欲情しない相手とのセックスは退屈で
それはいつしか義務的になり
そうなると反応もしなくなって
そういうのは互いの為にも良くないんだと思う。
 



最近やさぐれているのは、段々と色んな事を理解してきたからだ。
男と女の間の深い河は、どうしたって埋まらないと分かってきたからだ。

前まで「相手を間違えたんだ」と思ってた。
違う人なら違う未来があるのだと、そう信じてた。
だけど、きっとそうじゃない。
私が求める物は、男女間、特に婚姻関係の中には存在し得ない。


昨日はネットで知った、こんなんを聞いて飲みながら泣いてた。
女には残酷な内容なので自己責任で視聴下さい。
私みたいに泣く羽目になっても知らんよ。

「同じ女とぶっちゃけ何回セックスできるか?」
 


当時の松本人志は独身で、
きっと妻子持ちの今では同じ事は言わない(言えない)と思うけど
彼の意見がどうこうではなく、
世の男性の本音がコレなのだと思う。

「嫁とは出来ないと宣言しちまおうぜ」

別の回では「男は必ず浮気する、そう神に作られていると宣言しちまおうぜ」と言い
その上でまんまと「女の浮気は許さない」と言っている。
これも、世の夫たちの本音だろう。
本音には建前や欺瞞が無いもので、それ自体が自己中心的なのは分かっている。

もうさ、男の求める家庭って、妻って、女には牢獄でしかないんだね。
逆に、女の求める家庭って、夫って、男には牢獄でしかないんだね。
 


数日前にこれを読んでから、ずっと心がざわついている。

自ら別れると言ったのに出ていかない妻

ダラ奥が「離婚したい」と言い出したが・・・という話から
二人のかつての大恋愛、辛い事件が語られ
「自分から離婚を言い出せないのは(自分の拒否による)セックスレスだから」と暴露し
それでも「妻と別れるつもりはない。妻の人生を変えたのは自分だから。
自分には妻と子供の人生への責任がある」で締められて?いる。

大恋愛も果ては、こんなんですか。
読んでて嫌悪感が増殖して増殖して、ぞわぞわが止まらなくなった。


これが男の愛なのかと思うと、ぞっとする。
これが責任の取り方なんだと思うと、鳥肌が立つ。

こんなもの、私は要らない。
こんな生活、心があったら耐えられない。

妻なんて報われないじゃないか。
男の人を愛したって報われないじゃないか。
男を愛したって哀しいだけだ。
私は女神になんか成れない。

だから、もう男を愛してなんかやらない。
男はキノコでしかない。
私の性欲を満たすだけのキノコ。ただの生きた道具。

だから、お前なんか、もう愛さない。
愛さないし、許さない。
 
また同じ苦しみを背負うのなら、
松子の最後みたいに孤独な野垂れ死にでいい。
1 2 3 4 5 6  →Next
プロフィール
HN:
ヘボニータ
性別:
女性
自己紹介:
地方でひっそりと生息中。
現在40歳。派遣社員。
人知れずバツイチ。
インドア派で友達少なし。

現在はバイトしてるので
ビンボーではありませんが
恋愛に絶望しており
ぼっち度は増幅中。

鍵付き記事を読みたい奇特な方は、コメント欄本文にアドレス記載頂ければ、公開せず直にメールでお伝えします
捨てアド・フリメで構いません
コメントは承認制なのでご安心下さいませ

コメントのメアド欄にアドレス入力するとリンクで公開されてしまうのでご注意下さいまし
アドレスがあった場合にはコピペでの自投コメント公開にしています


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
忍者カウンター
ブログ内検索
バーコード