忍者ブログ
2018.041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

わたし、アラフォー。 何を思ったか、突然離婚してみた。 嬉し恥ずかし、人生初の一人暮らし。

昨日のハロワ親同伴で思い出したのだけど
そう言えば、今って大学受験に親がついていくのが普通なんですかね?
前の職場でチラホラ聞こえて「過保護~」と思ったけど
子供の居ない私には分からない感情なのだろうと黙ってた。

私の時代に周囲にそんな子は居なかった。
みんな自分で宿予約して、ネットもISDNの時代で
画像1枚ダウンロードに30分とか掛かるから
だから路線図や地図とにらめっこして、全部自分で動いてた。

入学手続時、受付で色々出す書類を書く際、
隣に親が張り付いて指示出してて
見本あるじゃんと思っていたら、
我が母上(離れた場所に座ってた)が
「気持ち悪っ!あれじゃ自立出来ないわ」と言ってたけど
その自立を促して育てた娘は負けん気が強くて
教授と喧嘩して授業に出入禁止されて、
学期の途中に履修科目の変更を直談判したりするような子に成っちゃって
結果8年も在籍してたんだから、何も言えねぇわ。

奨学金にしても今みたいに簡単には貰えなくて、貰ってる子はほぼ居なかったな。
家庭の事情を作文にしなくちゃならなくて
何故貧乏なのかを説明して「貧乏だからお金貸して下さい」と書くのが嫌で
「だったらバイトして奨学金分を家に入れるから勘弁して。
こんな恥を他人に晒したくない」と、大学入って最初にしたバイトがパチ屋だった。

最初は週3、月10万。
みんなが月3~5万しかバイトしないのが理解出来なくて
翌年には週6入ってフルタイムやってたから、20万は貰ってたけど
(社保加入して税金も払ってた)
その内に学校行くより働く方が楽しくなり、
んで留年しまくったから(学費は自分で出した)カッコつけられないけどさ。

今の若い子は奨学金という名の借金を背負ってて
社会人デビュー時に何百万も借金背負ってて
そこだけは奨学金の査定が厳しかった時代で良かったなと思ってる。

話が逸れた。
でもね、過保護だな~と思う反面、少し羨ましく感じる時がある。
子供の頃を思い返すと、いつも家に一人で寂しかった。
おたふく風邪で学校休んだ時は、痛くて切なくて、泣いてた記憶がある。
母子家庭だったから「子供の具合が悪い」では、母上は仕事を休まなかった。
「私が働かないとご飯食べられないの。食べ物は用意してあるでしょ」って
いつもそう言ってたけど、心細い時は一緒に居て欲しかったわ。

大人になって、周囲との扱いの差に愕然として
周囲も私の話にビックリしてて
(小学生時代も病院の付き添いは初回のみで、
あとは一人で保険証持って行ってて
説明が私じゃ理解出来ないから医者が困ってた。10歳の頃にはそうしてたな)
でも、しょうがなかったんだ、で全部済ませてる。

今になって「あんたは親にも甘えない」と言うけれど
甘やかして貰ってないんだもん、しゃーないじゃんか(笑)
  

PR
年末に失業して、もう4月も中旬。
残りの給付が104日になって、もうすぐ雇用保険の半分を貰った事になる。

今日は指定された時刻が一番最後らしき15時15~45分。
認定日らしき人より、初回の手続きの人の列が長かった。
かつ電話も鳴りまくってて、実際に呼ばれたのは16時過ぎ。

待ってる間に色々と聞こえてしまい、みんな色々あるんだなぁ。
いつもスマホで求人眺めて待つのだけど、今日は面白くて画面に集中出来ずw

「この前、質問した時に支給されるって言ったじゃないですかっ」と怒っている人やら
2人組で来て一緒に座るから、同じ職場を一緒に辞めるのかなと思ってたら
まさかの親子で「お母様も心配ですよね・・」と職員が無理目に言ってるけど
娘は20代半ばと立派な成人じゃんΣ(゚Д゚)とか

「電話した時に面接中で、相手の担当者も出てくれたんですが
ウチは業務委託なんで就職証明出せないって言うんです。風俗店らしくて。
本人は歌舞伎町からある程度稼ぐまで戻らないって言うんですよねぇ」と
終了の手続きしないまま職安に来ず、県外の風俗店へ行ってしまった求職者の
今後の処理をどうするか相談してる職員の電話が丸聞こえ。

今日の担当は見たことの無い人(30代後半~40代半ばの男性)で
やたらと丁寧で低姿勢で不慣れな様子で、もしかすると新人なのかも。
最後に書類返却するのに、いつもは呼ばれて取りに行くのが
今日は椅子まで届けてくれて、しかも片膝ついてホストみたいだったけど
あそこまでする必要は1ミリも無いと思うぞ。

前に1年更新の最長3年契約社員でハロワ職員の求人出てたんだ。
大卒以上で論文と面接3回、時給1800円とかだったなー。
今や刑務所も契約社員募集してて、公的施設でも非正規雇用が多いんだなぁ。

今回はバイト出勤日18日分を減額されて117,252円の支給です。
バイト代が7万越えないと厳しいな。

今回の活動実績は、認定日にそのまま職業相談したのが1回と
そこで出して貰った求人票に応募で1回でした。
これ2カウントになるのかな?と電話で聞いたらOKだったよ。

んで「応募したけど連絡がないんです。不採用だと思ってます」と言ったら
調べてくれて、求人票には企業側に結果を送信するFAX票があって
それも郵送してるんだけど、まだハロワ側に返送はなく、まだ募集中との事。

今回もそのまま職業相談したんだけど、その担当者が電話をしてくれたんだ。
私より前に応募した人も全員、結果戻ってないらしくて。
で、その様子を窺ってたらさ、採用担当がすんごく感じ悪い人だという事が判明。
イラついた口調で「まだ選考中です」でガチャ切された様子。

コールセンターで働いていた身として、
この対応を外部の人にする企業はアウトです。

と言う訳で、まだ落選とは確定していないと分かったけれど
もしも面接の連絡が来て、行くか迷う面が出てきちゃいました。
まぁね、お客様相談室のクレーム対策要員なのだから
嫌な態度に平然と出来るかを見られるのかもしれないけれど
圧迫面接は必至な感じで、その嫌なおっさんと一緒に働くのは事実だからな。

ハロワの人も面食らってて
「これだけ連絡無で放置して、この対応は・・・アレかもしれないですね」
と言ってた。自分で電話するか迷ってたんだけど、しなくて正解だったんだ。
 
今週はもう1件応募してみる。
給料安いけど、これなら安くても我慢できそうな
ホームセンターのペット部門の正社員。
面接で鳥担当にしてくれって言っちゃうかもしれない。
手乗りに仕込みます、経験ありますってなw
年齢制限無でも「パートなら採用します」と言われちゃいそうだが
正社員枠で応募してやる。
 


 
そういえば、この前知人が言っていた。
都会のGUに行ったら「無人レジだった」と。

前にニュースで、海外で試験的に導入されたICチップを用いた
自動レジの様を観たことがある。
カゴを指定の場所に置くと、一瞬で計算してくれるそうだ。
同じような装置が既に日本に上陸し普及を始めている。

小売や飲食業は常に人手不足。
この業界なら、いくらだって求人はあると思ってきたけど
それも現時点の話であり、
将来的には人手が無くとも機能するようになっていくのだろう。
それは数年後なのか、数十年後なのか。



求人を眺めていると、結構な確率で葬儀屋に当たる。
今日は湯灌の求人を見た。
未経験歓迎・学歴不問・40代前半まで・22万~

湯灌かぁと、実際に働いている人の記事を読んでみて
その失敗が許されない雰囲気と、
研修では積めない経験、本番でしか学べない事の重責に慄いてしまった。

じーちゃんの葬儀の時、生きていた時よりずっと綺麗な顔になってて
「なんつー技術なんだ!」と感心したのだけれど
やりがいと責任が、がっちりセットになっている職は怖い。

昔からばーちゃんに「教師か看護師になれ」と言われてきたけれど
そのどちらも選ばなかった理由はココ。
失敗が決して許されない、余りにも濃厚な接客だから。
「まだ新人だから」では済まないから。

気楽で稼げるなんて都合の良い仕事は無いのよね。
ふーむ、本当に何したらいいのか、分からないやー。
 
もはや大卒なんて意味はない。
そもそも大卒以上の求人なんて、理系以外でほとんど見ない。
前にあった地元の酒屋での大卒求人(25万)は
「HPのメンテが出来て、英語が使えること」が条件だった。
従業員が数十人の規模の会社で、このレベルの要求だもんなぁ。
 
ふーむ、出来る事では長生き出来そうにないし
高いハードルに挑戦する気力も足りないし
何か適職がありそうなのに、何も掴めなくてヤキモキする。
 
明日はハロワなのにテンション低くて困ったなー
あー、あの覇気のない空気は、
こういうのが原因なんだな~と分かっちゃったのが切ない。
 



日曜どうする?と聞かれて、
どうせならミーハーに「シャンシャン見たい!」と、翌日も上野へ。

3歳前後の頃に上野動物園へ行って以来、39年ぶりですw
生パンダ、初めてだわ。



上野駅でぬいぐるみのパンダを見て (人が凄い)



39年前に会ったであろうホワンホワンには、博物館で剥製として再会。

10時ちょい頃に動物園へ着いて(開園は9時半)入園まで長蛇の列。
入園券を買って、ゲート入ってすぐのテントで整理券を貰う仕組み。
止まりはせず、ゆっくり進んで11時前には入れたけど
この時点でパンダ整理券は15時過ぎの部。
11時ちょっとには「整理券配布は終了した」の放送が入った。

15時まで、広い園内を散歩。



お父さんのリーリーは、整理券不要のブースで見られた。
背中向けて、笹をムシャってた。

週末という事もあって、それなりに混んでいたけれど
身動き出来ないような箇所はなく、
そして鳥類が充実してたので楽しめた!

バードハウスの入口に籠に入った中型インコが居て
「噛みます、触らないで」と書いてあったけど
どう見ても人慣れしてる子だもんで、話し掛けたら寄ってきて
嘴に触れたら怒らないので、カイカイしたら大喜び。
頭とホッペを擦り付けてきて萌え萌え。

前日に骨や剥製で見た生き物たちが
生きて動いている様に、改めて感動。



お昼は園内の売店でパンダ飯。耳はシイタケ、目は黒豆だった。

やはり最後は駆け足になり、小動物のふれあいは断念。
急いでパンダ舎まで戻り、再度並ぶ。
並んでも、見えないんじゃないかなと思っていたんだけど
そこは非常に工夫されており、人の頭で何も見えない!な事態は回避されていた。
10人位のグループ単位で分けられて、間を長い竿を持ったスタッフが同行し
30秒で強制的に移動させられるのね。
ゆっくりは出来ないけど、ちゃんとシャンシャン見えたよ!



「今は眠ってます」と言われたけど、顔が見える姿勢で良かった。
30秒の間に、起きた瞬間があってね



あくびもゲット出来た~ \(^o^)/

お母さんのシンシンはお尻向けて寝てて
ケツショットのみなので画像ナシ。

16時に園を出て、電車と車で帰宅は19時半。
両日1万歩越えのパンパンふくらはぎで、バイトもしてきて
今日は昼頃まで爆睡してました。

生パンダ、見に行って良かった。
 
週末は上野で遊んでました。
かっぺでも上野辺りなら親近感が湧くw

8時半に家を出て2時間運転からの
1日500円パーキング、そこから電車で1時間。
上野着は12時頃。

まずはお目当ての「肉の大山」にてランチ。
昼から立ち飲みしてる人を掻き分けて、奥のレストランへ。
想像通りの盛況ぶりで相席かつ激狭ブース。
メンチとコロッケ、ステーキ、ハンバーグを連れとシェア。
昼からビールの贅沢なことよ。
ハムカツは品切れとの事でランチ時は諦め
夜にもう一度行って、ハムカツ+ビールでノルマ達成してきた。

13時に国立科学博物館に入る。
特別展の人体が見たかったけれど、まだ開催1ヶ月内で
ツイート見ると毎日「大変混雑しています」だし
普通に入ると1600円もする(金土のみ17時から二人で2000円チケットある)ので
常設展のみを620円で。


日本館の吹き抜け、すごく綺麗。

土曜日なので20時まで開いてて良かった。
日本館3階、地球館は6階、ワンフロア1時間は掛かり
閉館まで1回喫煙所寄っただけの、ほぼノンストップで
ラスト1時間は駆け足で、7時間掛かってようやく回った感じ。
ものすんごい情報量!さすが国立。

大好物の骨をたっくさん眺められて
長年の疑問だった、海の哺乳類について謎が解けた。

両生類→爬虫類→哺乳類と地上へ進化していった生物の一部は
再度、海へ還っていったらしく、それが鯨やイルカになったんだって。
だから魚類とは違って、ちゃんと指がある。
あの尾びれに見える箇所は足でね、指の骨5本が入ってるんだよ。

猿からホモ・サピエンスの進化のブースも興味深かった。
途中で淘汰された原人や旧人、その頭蓋骨。
姿勢と歩行により変化した骨盤の大きさと傾き。
いやー、骨って熱いわぁ



恐竜のコーナーは映像資料の解説が豊富。
受付で300円でタブレットを借りれて、音声+映像の解説付きもあって
いいなーと思ったけど、初めてだから全部回るのが優先!と今回は止めておいた。
おひとり様でタブとイヤホン携えて回っている人も多く
次回は一人でコレをやってみたい。

博物館内で1万歩達成し、痛む足を引きずりながら
再度、肉の大山へ行き、立ち飲みでビールほぼイッキ。
念願のハムカツ80円も食べて、その後は向いの居酒屋へ。
浜ちゃんとか、そんな名前だった。
天ぷらを1本100~200円で頼めて、鉄火巻のマグロがデカくて美味しかった。
酔うと疲労も麻痺するのよね。

その後、鶯谷へ移動してラブホに宿泊。
土曜なのに1泊8000円は都心じゃ無理だもんね。
相変わらず、都会のラブホは普通に従業員がウロウロしており
「いらっしゃいませ」と言われる。
待ってる人も普通に丸見え。
この点はいつまで経っても慣れそうにない。
 
Prev1 2 3 4 5 6 7 8  →Next
プロフィール
HN:
ヘボニータ
性別:
女性
自己紹介:
地方でひっそりと生息中。
現在41歳。派遣→求職中・バイトのみ
人知れずバツイチ。
インドア派で友達少なし。

現在はバイトしてるので
ビンボーではありませんが
恋愛に絶望しており
ぼっち度は増幅中。

鍵付き記事を読みたい奇特な方は、コメント欄本文にアドレス記載頂ければ、公開せず直にメールでお伝えします
捨てアド・フリメで構いません
コメントは承認制なのでご安心下さいませ

コメントのメアド欄にアドレス入力するとリンクで公開されてしまうのでご注意下さいまし
アドレスがあった場合にはコピペでの自投コメント公開にしています


カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28
29 30
忍者カウンター
ブログ内検索
バーコード