忍者ブログ
2018.061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

わたし、アラフォー。 何を思ったか、突然離婚してみた。 嬉し恥ずかし、人生初の一人暮らし。

以前、この物件の恐怖について書いた。

誰か居る・・・

今年もガサゴソ物音がするように。
冬の間は静かなんだけど、冬眠する生き物なのかしら。

デレスケ氏が居る時に、思い切って機械をバンバン叩いてみたら
な・なんとコウモリが9羽も飛び出てきたそう

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

本体はとても小さい奴だったそう。

早速、管理会社へ相談し
速攻で翌日には業者を連れて下見へ来てくれた。
無職バンザイなスピーディさ。

写真を数枚撮って、大家さんと工事内容を決めてくるそう。
恐らく他の部屋にも来てるとのこと。
全体工事になりそうです。

どうせならもうあの機械を撤去して欲しいな~
機械の中、地獄絵図みたいになってるんだもん。
厳密には壊れておらず作動するみたいなんだけど
そんな恐ろしい換気扇使いたくない~~~~

下の住民のご乱心が起きる前に
(去年の夏、毎晩「眠れねーんだよぅぅぅ」と暴れてた)
解決してくれる事を願います。
 
しかし、9羽は驚いたわぁ。
  
 
PR
きっとキノコ扱いだったなら、絶対しなかったであろう作戦を決行した。
でれすけ氏を連れてバイト先に客として買い物に行った。
話し掛けられる余裕のない、まだ忙しい時間帯に。

シニアさんからの差し入れは嬉しいけれど
最近は肩や背中に軽いボディタッチをしてくる等
どうにもマズい雰囲気になってきたのもあり
ここいらで間接的にNOを示さないとならんなと。
憧れをこじらせた一反木綿君も面倒だったし。

いつも一緒に働いているおばちゃんのレジに並んだ。
おばちゃんは知らぬフリして対応してくれたけど
翌日にはちゃんと伝わっていた模様w
女の口の軽さを利用させて貰ったわ。

ダメ押しにバイト先への、でれすけ氏の送迎も。

それから、シニアさんには業務以外の言葉は一切掛けられなくなり
差し入れも一切止まった。
分かりやすっ!
まぁ俺の金があの男にと思ったら、出したくなくなるのも当然で
やはり、そういう感情だったんだなぁと落胆もあり。

これでいいのだと思う。
面と向かって何か起きてからの対応じゃ面倒が増えるだけ。
シニアさんから貰った私の肖像画?も
申し訳ないけれど気持ち悪いから、思い切って捨てた。

でれすけ氏も実にメンズらしい鈍感ぶりで
他意なき善意で女性を勘違いさせてしまう事が多いようだから
面倒起きる前に、その可能性があるのなら、私を使えと伝えておいた。



先日の大雨の日。
鳥の声が近いなと思ったら
ムクドリが雨宿りに来てた。



カーテン開けたいけど、開けたら逃げちゃう
部屋からそっと眺めただけだけど
凄く幸せな瞬間だった。


でれすけとは、ここいらの方言で
だらしない、とかダメな人、という意味。

彼の事はでれすけと名付けた。
本人も公認。
でれすけなのは、お互い様。

知り合ってから一週間、
ほとんど家に来て、毎晩飲んでいた。



家にあげないんじゃねーのかよと
自分でも笑っちまうんだが
これがさ、恋ってもんなのだろう。

損得勘定がないのよね。
ずっと外に居るとお金がどんどん飛んでって
心配で堪らなくなり、部屋で飲もうやと誘って
代行で帰るの勿体ねーべさと
泊まりは基本ナシねと言ってたのに
ほとんどここに住んでる状態。

お金は渡されてるから、
自分の生活費とデート費用分けるために
仕切りの多い長財布に戻したわ

ま、仕事開始したら今みたいには会えないから
モラトリアムの蜜月だわな。

また飽きられたと泣いてたら
ほれみたことか、と笑って下さい

けど、やっぱ私、
こういう風にしか行動出来ないんだわ
これで上手くやってける人が欲しいのだから



おめぇ無職のくせに、何してんの?って自分でも思うのですが
GWの最中に色々エロエロありまして
「男なんてみんな同じでクズだから恋愛はしなーい」と
遊び放題ヤリ放題していたのだけど
それはもう唐突に、恋に堕ちますた。

なんで散々色んな人と遊んでも、男の人を振り回しても
満たされなかったのか、ようやく分かった。
何に飢えていたのか、分かった。

私、誰かを好きになりたかったんだわ。

その人はバツイチ44歳で、会った初日から5時間語り合ってしまい
互いに、そこで決めていた感じ。
一瞬で決まるんだな、と思いましたわ。

互いに40年以上生きてると、過去の履歴も相当あり
3日間ほぼ寝ずに、延々と言葉と身体で語り倒し
それでも、全く底が見えてこない好奇心に飲み込まれてた。

実は、前に書いた27歳の若造に、こう言われました。

「あなたはこういうの向いてませんよ。
 本当は恋愛したいひと。
私にはそれを叶えてあげられないし
だから私と続けても、あなたは満たされない。
きちんと恋愛出来る人を探した方がいいです。

不真面目になりきれないのだから、真面目に生きた方がいい。
その真面目さは、あなたの美徳です」

マジでね、こんな事を頭ナデナデされながら諭された。

む・か・つ・く

はずが、酷く落ち込んで、
ああそうだったのかと自分でも理解したら、目の前が晴れて
そしたら、出会った人でした。

前回は遊び人風に書いたけど(まぁ実際に遊んでるけど)
物凄く綺麗な目をした子で、たぶん本当に心配してくれたのでしょう。

彼からは祝福の言葉が届き、私もウハウハ遊んでいますとあったけど
本当は彼も私と同じように足掻いているのが分かるから
あの綺麗な目が濁らぬ内に、
また信じられるような娘と出会って欲しいと願ってる。
その役割は、互いに互いではない間柄だったけど、
彼との出会いが、私を変えてくれました。

という訳で、リア充につき更新頻度が減るかもしれませんが
生ぬるい目で眺めて頂ければと思います。

んで、そしたら色んな事にやる気が出たというか
色んなピースがバチバチ嵌り
後日詳しく書きますが、仕事も覚悟を決めました。
 

Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9  →Next
プロフィール
HN:
ヘボニータ
性別:
女性
自己紹介:
地方でひっそりと生息中。
現在41歳。派遣→求職中・バイトのみ
人知れずバツイチ。
インドア派で友達少なし。

現在はバイトしてるので
ビンボーではありませんが
恋愛に絶望しており
ぼっち度は増幅中。

鍵付き記事を読みたい奇特な方は、コメント欄本文にアドレス記載頂ければ、公開せず直にメールでお伝えします
捨てアド・フリメで構いません
コメントは承認制なのでご安心下さいませ

コメントのメアド欄にアドレス入力するとリンクで公開されてしまうのでご注意下さいまし
アドレスがあった場合にはコピペでの自投コメント公開にしています


カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 7
11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者カウンター
ブログ内検索
バーコード